松本潤主演『99.9 刑事専門弁護士 シーズン2』第1話 あらすじ&感想

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』第1話のあらすじ

刑事専門ルームに還ってきた佐田室長

 

日本の刑事裁判では、起訴された99.9%が有罪になると言われています。その残り0.1%の真実を見極めて依頼人の無実を勝ち取るために開設されたのが「班目法律事務所」の「刑事事件専門ルーム」です。

 

しかし、そのルームの立ち上げ時の室長・佐田篤弘(香川照之)が企業部門へ戻ってからというものは後任の室長が三人も辞め、弁護士の立花(榮倉奈々)は米国留学とルーム自体の危機でもありました。

 

そこで班目所長(岸部一徳)は、佐田を刑事事件専門ルームへ戻るよう打診しました。当然、企業法務担当として“水を得た魚”のごとく活躍していた佐田の答えは「No」でした。

 

が、「立花の後任が見つかるまでは民事・刑事を兼務で」「室長の後任が見つかったらマネージング・パートナーへ」という条件で、まんまと班目の思惑通りに良き相棒・深山大翔(松本 潤)弁護士の待つ「刑事事件専門ルーム」へカムバックしたのでした。

スポンサーリンク

情状酌量か無罪主張のままか?

 

そこへ殺人容疑で逮捕・起訴された鈴木二朗(半海一晃)の娘・加代(谷村美月)が友人の尾崎舞子(木村文乃)を伴って相談・依頼に現れました。

 

会社を経営する鈴木は資金繰りに困り「沢村ファイナンス」で金を工面したものの、期限の日に全額を用意できずに社長の沢村を殺したという容疑でした。

 

加代に同行してきた尾崎は元裁判官で、このケースでは有罪は免れないので“情状酌量”に訴えて無期懲役を懲役20年に減刑する方策を取るべきだと主張しました。

 

しかし担当の深山は「依頼人が無実を証明してくれと言っている」と取り合わずに、鈴木に面会に赴いて“いつものように”生い立ちから事件までを、事細かく聞くのでした。

 

このやり方に納得のいかない尾崎は、ルームに戻ってから深山と裁判の展開について喧々諤々とやりあいます。

 

それを見かねた(というか、手ぐすねを引いて立花の後任弁護士を探していた)佐田は、「そんなに揉めるなら、キミもチームの一員になってやりあえばいい。そうすれば、深山と対等の立場でモノが言えるから」と尾崎をスカウトしました。

 

この時点で加代には、情状の件は明かしていません。親子はどんなに不利でも「殺していないものは殺してない」と主張を曲げず、また深山も0.1%の事実を究明するために奔走するのでした。

 

状況証拠の疑問①被害者の倒れていた位置

 

警察の調書によると、鈴木は1000万円の借金のうち500万円しか用意できないと申し出た所で口論となり“衝動的に”ハンマーで沢村を一撃、撲殺したとなっています。

 

深山は沢村ファイナンスと同じ間取りの部屋を用意。事件を再現しながら検証してみた所、沢村が倒れていた位置関係では衝動的というよりも“計画的に”襲わないと辻褄が合わない事が分かりました。再現に参加した尾崎も納得です。

 

状況証拠の疑問②社員二人の証言

 

鈴木は金策から一時帰社して、仮眠の後に沢村ファイナンスへ向かったと言っています。その時刻は沢村との約束が21時30分だったので、21時くらいだと主張していました。

 

その裏付けとして鈴木は、社員のひとりが戻って来て取り引き先に電話を掛けていたのが21時くらい、別の社員の写真を外で撮ってあげたのが21時10分くらいだったと言っています。

この主張が正しければ、死亡推定時刻が20時30分の沢村殺害は不可能という事になります。

 

ところが、発注漏れのために社に戻ってきた社員の阿部 充(長塚圭史)は取り引き先に電話をしていたのは20時過ぎくらいだと証言。連絡先の記録にも20:05と残っています。

 

また、外で社員の伊藤亜紀(新妻聖子)の写真を撮ってあげたのは20時10分で、ことらも写真に一緒に写っている時計は20:10を示していました。

 

法廷でトリックを崩す深山

 

そしていよいよ裁判の日です。深山と佐田は弁護人の席に着きましたが、尾崎は裁判所には着いたものの「ある事情」(この時は、まだ原因は謎です)で法廷内には入りませんでした。

 

深山はまず、写真に写っていた時計の謎に迫ります。その写真は身長160cmの鈴木では撮る事のできないアングルだと証明しました。

 

阿部の電話の件は、ノイズかと思われた音が写真にもあった“噴水の着水音”である事を証明。予め外から電話していたのです。そして、鈴木の前では、電話をしている芝居をして時刻の工作をした…。

 

これにより阿部・伊藤両社員の偽証である事が分かり、「鈴木さんは多分、無罪になるでしょう」(裁判後に佐田が娘・加代にかけた言葉より)という結果になりました。

 

なお、この社員二人は交際しており日頃から会社の悪口を言い合っていたとの事です。沢村殺しも(本件には無関係ながら)阿部によるモノ、と深山は法廷で発言しました。

 

裁判後は勝利の時の“佐田チーム”の慣習で深山と佐田、尾崎と佐田が握手をしたのでした。

 

スポンサーリンク

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』第1話の感想

 

榮倉サンの抜けた穴は大きい!?

 

待ってましたよぉ『99.9』。

松潤と香川照之の親父ギャグ・コンビは最高・最強ですね。

さっそく佐田が情状から無罪へ切り替えた理由が「人殺しをする前に親父ギャグなんて言うか!!」だなんて。

それもネタが「脂肪め、しぼめ!」だなんて、シュールすぎます。

 

ただ榮倉奈々の“変顔”が見られないのが淋しい限りで…

今後は木村文乃のキャラ建てが難しい所ではありますね。

 

その反面、新パラリーガルの中塚美麗(馬場園 梓)は期待“大”です。

馬場園は昨年『この世にたやすい仕事はない』(NHK BS)で演技力が、また格段に進化していました。

ともあれ深山父の冤罪や尾崎が法曹会と距離を置いた理由等、目が離せません。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

ちなみに第1話の再放送は、2018年1月21日 (日) 14:00~になります。

見逃してしまった方もこちらでどうぞ!

 

スポンサーリンク

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』第1話 ツイートまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です