松本潤主演『99.9 刑事専門弁護士 シーズン2』第2話感想&ツイートまとめ

『99.9 刑事専門弁護士 シーズン2』第2話 あらすじ

 

殺された美里の妹・美由紀に呼び出されて金沢へ

班目法律事務所の刑事専門チームの深山大翔(松本 潤)は、亡父・大介が犯人とされていた殺人事件の被害者・楠木美里(細田梨沙)の妹・美由紀(野々すみ花)に呼び出されて急遽、金沢へ向かいました。

 

その事件の遺留品として返ってきた“お守り”が姉の持ち物ではないので、「大介のモノ」だろうという申し出に応えての里帰りです。

ただ、そのお守りには深山も見覚えがありませんでした。

 

そのお守りと関連した人物が真犯人ではないか、と深山は確信したのです。

 

事件を要約すると、ある雨の夜に顔なじみの美里を見かけた大介が途中まで送っていった事から始まります。

「ここまでで、いいです」と美里はコンビニ前でクルマを降りました。雨が降っていたので、大介は自分の折りたたみ傘を貸して、二人は別々になりました。

 

翌朝、森で死亡している美里が発見されて大介は逮捕されたのでした。

死体になった美里の傍らにあった傘(美里と大介以外の指紋ナシ)と、防犯カメラに二人が大介のクルマに乗り込む映像が決め手になっての有罪判決だったのです。

 

しかし高校時代、ラグビー部で共に汗を流した班目法律事務所の所長・班目春彦(岸部一徳)も冤罪だったと確信していました。

スポンサーリンク

困難をきわめる26年前の新証言探し

深山の弁護士としての不文律は「事件の真実を知る」です。“依頼人の利益優先”の佐田室長(香川照之)や“裁判官至上主義”ともいえる尾崎舞子(木村文乃)とは、考え方からして違います。

 

その26年前の真実を知るために金沢に滞在する事にした深山は、パラリーガルの明石(片桐 仁)に資料を持ってくるように指示を出します。

明石だけでは心もとないので、班目は尾崎も同行するように命じました。

 

当時の裁判記録の調査を金沢に転勤になっていた丸川検事(青木崇高)に頼んだ深山は、今はコンビニを畳んでいる元オーナーの藤原(不破万作)に話しを聞きに行きました。

 

「警察が話しを聞きに来たので、よく覚えてるよ」

と前置きして、死亡推定時刻の21時頃どころか雨で20時以降は客が来なかった、と話してくれました。

 

この元オーナーは別として26年前という点と、駅前が開発されて街の様子が一変した事から新証言を得るのは困難でした。

 

お守りの持つ意とストーカーの影

舞子には、美里の妹に話しを聞きに行かせました。ここで舞子は「お姉ちゃんは、誰かにつきまとわれていた」という重要な証言を得ます。

 

また深山と明石は当時、近所の交番勤務だった三宅(小倉一郎)との接触に成功。

お守りを見せた時の表情の変化を深山は見逃しませんでした。

 

その頃、休暇を自宅でノンビリと過ごしている佐田の所に班目が現れます。

そこで班目は、なだめスカシながら佐田に金沢行きを了承させました。

その時、佐田の娘が件のお守りと同じモノをスマホに付けていた事から、西寒山の山頂にある羽津鯉神社のお守りと判明します。

 

その神社は「縁結び」として知られていて、美里にプレゼントしようとストーカー(事件当時は“つきまとい”と呼んでいた)が購入したであろう事が伺えました。

 

なおかつ、そのお守りを見た三宅巡査長が顔色を変えたのは、同じ交番で勤務する小倉(薬丸 翔)が持っていたのを思い出したからです。

 

さらに三宅は傘には大介と美里の他にも小倉の指紋も付いていた事も話してくれました。

第1発見者の三宅と小倉が最初に死体に近付いた時に、素手で小倉が掴んだためとの事です。

これならば、犯行時のものか発見時のものなのかが分からなくなります。

 

話を事件当夜に戻すと、コンビニに美里が寄らなかったのは客としてではなく巡回の警官がいたためだったのです。

元オーナーは「客はいなかった」と言いましたが、巡回の警官を客としては見ていなかったからです。

 

つまり美里は巡回の警官(=小倉)を避けたのでした。

 

そのコンビニで美里を見かけた巡回中の小倉は、追いかけて無理矢理にお守りを渡そうとしたんでしょう。

そして拒否されて逆上して殺したのです。

 

傘についた小倉の指紋は全て、死体発見時という事で処理されました。

また、ストーカー被害を受けていた事を“上”に三宅は報告したものの既に起訴後だったために、そのまま裁判になったのでした。

 

そのズサンな捜査と裁判については、上司の目を盗みながら丸川が調べてくれていました。

その時の担当が大友検事正(奥田瑛二)だったのです。

スポンサーリンク

証明された深山父の冤罪

傘に付けられた指紋、ストーカー行為等々と調書には記載されていない事柄が見えてきましたが、イマイチ確証には迫っていないのも事実です。

そこで“深山流”の現地調査が行われる事となりました。具体的には、実際に西寒山に登って羽津鯉神社に行って手がかりを見つけるという作戦です。

山を登り神社でお参りしても、探していた実証は得られませんでしたが大きなヒントは見つけました。それは、登山口で書く入山記録でした。

その5年前~10年前の記録から小倉の名前を発見したのでした。

 

「冤罪という真実」を見た深山

その入山記録のコピーと今回あらたに得た証言を持って、佐田と深山、舞子の三人は大友と対峙します。

証拠を突きつけられた大友は、何も言えませんでした。

ただ「小倉はチベットで遭難して3年前に死んでいる」と言っただけです。

海外に出ていた期間は時効が延長されますが、被疑者が死亡しているのでこの時点で事件は終焉です。

 

深山には釈然としない点もあるのでしょうが「真実を知った」充足感はあったみたいです。

大友はこの直後に辞職しました。

スポンサーリンク

『99.9 刑事専門弁護士 シーズン2』第2話 感想

 

2話から濃密度なストーリー

今話をもって、前シーズンから続いた深山の父の殺人事件が冤罪と証明されました。

ストーリー、特にお守りを使った伏線の張り方が見事でしたね。

この冤罪については、最終回あたりで明かされるモノとばかり思っていましたが“まさか2話で”決着がつくなんて、ちょっと驚きです。

 

ここからは舞子も正式な一員になった事だし、「法曹会から距離を置いている」と自分で言っていた謎解きにも焦点が当てられてきそうです。

こちらも、楽しみですね。

 

そして今話の「小技大賞」は、派出所内に貼ってあった防犯ポスターではないでしょうか。

「Hey!ミスター・ポリスマン」(唄/石川秀美)ですが、小倉巡査を演じた薬丸 翔の実母なんですよね。

“花の82年組”です。なかなか憎い事をやってくれます。

 

 

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』2話ツイートまとめ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です