松本潤主演『99.9 刑事専門弁護士 シーズン2』第4話感想&ツイートまとめ

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』4話のあらすじ

今回の『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』はどんな内容だったのでしょうか?

 

「被疑者死亡で不起訴」の壁を破れ!

スパナで取り引き先の専務を中庭で殴打、死亡させた後に犯人はビルに登って投身自殺。この事件は被疑者死亡のために不起訴となりました。

 

それで話しは終わらず、殺されたタナハシ機械製作所の専務・棚橋幸次郎を失った損失は大きいと実兄であり社長の棚橋政一郎(迫田孝也)は、民事で被疑者の妻・岩村 梢(有森也実)を訴えました。損害賠償額は3億円でした。

 

この梢は「夫は殺人なんかやっていないし、まして自殺をするような人ではない」と、岩村モーター社長で夫・直樹(ユリオカ超特Q)からのメールを見せたりしながら班目法律事務所に相談に来たのですが…。

 

刑事専門チームの佐田篤弘室長(香川照之)は「相続(財産)を放棄すれば賠償責任はなくなって、それで解決!」とばかりに取り合いません。

 

それでも刑事専門チームの深山大翔(松本 潤)は、佐田が結論を出す前に現場検証へと向かいました。

その深山を引き戻すため(見張りも兼ねて)に、尾崎舞子(木村文乃)弁護士も現場へと向かいました。

スポンサーリンク

民事訴訟をおこした真の目的とは?

棚橋政一朗が損害賠償をおこしたのは、3億円の賠償金を目当てにしたモノではありませんでした。

それによって相続放棄する事を計算しての行為だったのです。結果的には、岩村直樹の持つ特許取得を睨んでの訴訟だったのです。

 

タナハシ機械製作所側は、ジョン&モリモト法律事務所の森本 貴(近藤芳正)弁護士を雇い入れて万全の体制です。

 

この森本弁護士は、民事裁判のスペシャリストとしてメディアにも取り上げられています。つまり佐田とは面識はないものの、お互いを意識している関係であるといってもいいでしょう。

 

その佐田も「特許」の件に気づきました。ここは、“プライドにかけても負けるわけにはいかない”とばかりに、チームにハッパをかけたのでした。

 

深山独自の調査が、証拠を固めて行き…

検察側の取り調べによると、岩村は棚橋専務(弟)に部品の発注をストップさせられて逆上しての犯行という事になっていました。

しかし、現実には岩村と棚橋専務は一緒に新会社を設立して仕事をする計画を立てていたのです。

 

この話しは棚橋社長によって箝口令が敷かれていました。近隣の工場の大半がタナハシ機械製作所からの下請けをしている関係上、仕方のない事でした。

なぜ圧力をかけたのかというと、その「逆上」というキー・ワードがないと岩村の動機が成立しないからです。

 

それでも深山は岩村社長は、贔屓にしている料理番組があり犯行時間にはその番組を見ていたと梢から聞き込んでいました。岩村は自分専用のレシピ・ノートを作る程、この番組のファンだったのです。

犯行のあった日は放送を見ていないと分からない調味料の訂正があって、その事からも無実という事が分かりました。

 

また、深山は犯行に使われたスパナを佐田の許可なく民間機関に鑑定依頼しました。そこには岩村が飛び込んだアスファルトの中庭に置いてあった資材の成分が付着していたのでした。

 

このスパナから判断すると棚橋専務は別の人間に殺されて、真犯人はその犯行を岩村の仕業と見せかけるために飛び込ませて殺害。その上で現場にスパナを置いていた事が分かります。

 

しかし、それらは全て状況証拠でしかありません。それに検察は1度不起訴にした事案を容易には覆さないのです。

 

そこで佐田は、民事裁判で真犯人を暴くという「民事で刑事事件を解決する」という奇策とも取れる方法を選んだのでした。

 

頼りにしていた証人の下請け工場主の足立(塚地武雄)に圧力をかけて、公判で証言を覆させられたのが、相当“頭にきた”ようです。

スポンサーリンク

ウソの目撃証言を逆手に取って真犯人を燻り出す!

結局、班目法律事務所の面々は第2回の公判までに岩村が棚橋専務の犯行時間にほかの場所にいたという目撃証言を得る事はできませんでした。

 

それにも関わらずに佐田はライバルの森本弁護士に、「目撃者が見つかった!」と得意気に知らせました(ちなみに、この佐田の発言は森本を誘うブラフです)。

これにより、森本が再び足立に偽証させるのを計算に入れていたのでした。

 

公判当日の被告側質問で深山はしつこいくらいに、「岩村社長は、どんな服を着ていましたか?」と足立に繰り返し尋ねました。

そのたびに足立は「アイボリーのセーター」と言っていました。

 

そこで深山は、パラリーガル・明石達也(片桐 仁)の土下座によって入手した防犯カメラの映像を証拠として提出しました。

その映像での岩村は、コートを着ていました。そして、それは犯人しか知りえない事実だったのです。

 

「ここでウソの証言をするという事は、真犯人はアナタですね!」と深山に畳み込まれると、足立はたまらず棚橋政一朗に頼まれて偽証をしたと自白したのでした。

 

民事裁判で刑事事件が解決

深山らの聞き込み通りに、タナハシ機械製作所の業績は悪化していました。その経営状態を危惧した政一朗が、特許を持つ岩村と組もうとした弟・幸次郎の抹殺を謀っての犯行だと明るみに出たのでした。

 

裁判の途中で逃げ出した政一朗は逮捕され、訴訟自体がなきものとされました。

 

岩村の特許は班目法律事務所が管理する事になり、一件落着したのでした。

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』4話の感想

 

舞子の腹話術人形と明石の土下座

今話は明石の夢のシーンから始まるという、『男はつらいよ』中期までの手法を冒頭に取り入れていました。

この「夢オチ」って、毎回順番でやれば面白いと思いませんか?今週は中塚(馬場園 梓)の番とか「じゃぁ、次は私の」と言って民事チーム・落合(馬場 徹)とか。

 

それと今話では、舞子が土下座に躊躇した時に“いつもの明石の”腹ばい土下座が出ました。そんな時こそ、前半で舞子が「namazon」の通販で買った腹話術人形を使って欲しかったですよ。

伏線かと思ったのに…。

 

ストーリーはさて置いて(置いちゃいけないんですけども)、今話も小技が冴え渡っていて楽しかったです。

凶器のスパナに刻まれたメーカー名が「マッチョ・ドラゴン」(←藤波辰爾がリリースしたレコードの曲名)なんて、新日プロレスファン設定の中塚あってのモノでした。

 

また来週も楽しみですね。

スポンサーリンク

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』4話ツイートまとめ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です