松本潤主演『99.9 刑事専門弁護士 シーズン2』第5話感想&ツイートまとめ

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』5話のあらすじ

今回の『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』5話はどんな内容だったのでしょうか?

 

元同僚の“泣きつき”に手を貸す班目法律事務所

班目法律事務所の応接室に深山大翔(松本 潤)が向かうと、そこには所長の班目(岸部一徳)のもとに佐田篤弘(香川照之)と尾崎舞子(木村文乃)といった刑事事件専門室の弁護士が顔を揃えていました。

 

今回は被告からの直接依頼ではありません。以前、班目法律事務所で民事を担当していた後に独立したヤリ手弁護士・志賀 誠(藤本隆宏)とパラリーガルだった戸川奈津子(渡辺真起子)が経営する弁護士事務所からの「ヘルプ」要請というか懇願でした。

 

何でも深山に感化された志賀が刑事事件の弁護を引き受けて、深山のマネをして実地検分をしていた時にケガをしたとの事でした。

 

その事案とは、17歳の山崎大輝(市川理矩)が友人の大江徳宏(福山翔大)と二人で女子高生の工藤久美子(清原果奈)に付きまとって「強制わいせつ罪」で逮捕された事件でした。

それも無罪を主張していた山崎が、犯行を自供して事態が大きく変わってきてもいます。その公判が3日後に迫り、どうにもならなくなって志賀が深山を頼ったというわけです。

 

元々、志賀とはソリが合わない佐田は瞬時に「断る!」と宣言しましたが深山と舞子はさっさと自供した山崎の接見に行ってしまいます。

 

佐田は頭を抱えていましたが、班目はニヤニヤとするばかりです。これで、この案件を引き受ける事は決まりました。

スポンサーリンク

またしても舞子が体感した“捜査の現実”

接見で深山は例によって、被告の生い立ちから聞き始めました。深山の実績(だけ)は評価している舞子は、このヤリ方には文句を言わなくなっていました。

 

その背景から今回のケースで見えてきたのは、山崎の家は母子家庭であり母に負担と迷惑ばかりかけていた事。改心した山崎は3ヶ月前から引越し屋で働き始めて、その後は大江らの不良グループとは付きあってはいない事などでした。

 

その家庭の事情につけ込まれて、山崎は取り調べ中に担当刑事から「裁判が長引くと、金がかかるぞ」と言われて、犯行を自供したのでした。

 

取り調べの様子は法律で可視化の義務がありますが、それは調書の確認からで可です。それ以前のやりとりは録画しなくても良しとされています。

極端に言えば、取調室でのキワドイ会話については相変わらず、という事です。

 

この話しを山崎から聞いた舞子は、この時も“自分が裁判官の時には全く見えていなかった”と感じていたのです。

 

証明された山崎のアリバイ

そもそもこの事件は、久美子からの訴えによるものでした。平日の20時頃に最寄り駅で二人の男に声をかけられて付きまとわれて、15分後に公園でわいせつ行為をされたというものでした。

 

深山が得意とする実地検分を同時刻にした結果、駅前から公園にかけての歩道上で「付きまとい行為」をしていても関心が寄せられない事が分かりました。

また、2ヶ月も経過しているので防犯カメラの記録もありません。

 

その過程で公園の近くでダンスの練習をしているグループがあり、そのグループでは練習中もビデオを「回しっぱにしてる」という証言を得ました。

しかしダンスの練習中は火・木・土曜日、犯行は水曜日なので、惜しくも証拠とはなりませんでした。

 

ところが犯行当日、山崎が焼肉屋で同僚と食事をしていた事が証明されました。忙しい店のために店員(アキラ100%)は当初「覚えていない」と言っていましたが、深山たちが同じ人数、同じ服装(引越し屋の制服)、同じオーダーで食事をしていると思い出したのです。

そこの順番待ちの名簿にも「ヤマザキ様6名」と、残されていました。

スポンサーリンク

様々な思惑が交錯した裁判

確かに、これで無実は証明されたのですが検察は「被害者の勘違いで、犯行は12月12日ではなく12月6日だった」という事になってしまいました。

 

この裏には最高裁事務総長・岡田徳範(榎木孝明)の意思を勝手に組み入れた(指示が出されたわけではない)喜多方検事(矢作俊博)と遠藤裁判官(甲本雅裕)の思惑が孕んでいたと思われます。

いわく「未成年者に対する刑罰が軽いという批判がある」との言葉を受けてのものです。

 

もちろん、そこにはパイプ役である川上東京地裁所長代行(笑福亭鶴瓶)の含みのある言葉が大きく影響を与えていたのは言うに及びません。

 

その6日に犯行日が変わった(変えられた)途端、今度は大江が犯行を自供しました。実は6日に大江は別の事件を起こしていて、その犯行を隠すために供述を覆したのです。

 

ところが、この変更された日は公園で練習しているダンス・グループの練習曜日です。グループのビデオには久美子、山崎、大江の三人の姿は映っていませんでした。

 

これで検察の強引な日付け変更、大江の別件隠蔽、久美子のウソが判明したのでした。

 

被害者の久美子に関しては犯行時(当初の12月12日)に「出会い系サイト」の男と会っていた事が送信履歴から判明。それがバレたくないための狂言だという事で落着です。

 

教育評論家として高名な母親の名を汚したくなかったのと、叱られるのが嫌だったのでしょう。それに、「出会い系サイト」の男と会っていたという事実もバツが悪いですから。

 

第5話の感想

 

志賀先生も0.1%の重要さに気づく

「久しぶりに志賀先生の勇姿が見られる!」と楽しみにしていたら、登場シーンが全て包帯グルグル巻き姿なんて…。「らしい」といえば、「らしい」ですけど。

 

それにしても、刑事専門室のパラリーガルだった戸田サンが寿退社といって第1話でもハネムーン帰りでアツアツぶりを見せていたのに、未だ未入籍とはどういう事?

 

役名が志賀奈津子ではなく「戸田」姓のままなので気になってはいるんですけど、まさかこの先二人の関係に何かあるのかな?

とはいっても、もうSEASONⅡも半ばなのでそんな余裕はないですね。

 

仮病ならぬ仮怪我というオチがあったものの、志賀先生も「真実はひとつ」に目覚めてくれたのは嬉しいです。

 

そして東京地裁所長代行の川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)の動きの活発化、舞子の持っている写真の男(実弟)と舞子の因果関係など後半に向けてストーリーの軸がはっきりしてきました。

毎話とも見逃せないです。

スポンサーリンク

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』5話ツイートまとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です