松本潤主演『99.9 刑事専門弁護士 シーズン2』第8話ネタバレ感想&ツイートまとめ

 

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』8話のあらすじ

今回の『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』8話はどんな内容だったのでしょうか?

 

政治家絡みの案件

選挙を前にして、元文部科学大臣の藤堂正彦(佐野史郎)の選挙事務所で殺人事件が起こりました。

 

差し入れで送られてきた羊羹を食べた、藤堂と夫人の京子(森口瑤子)、後援会長の金子源介(原 金太郎)、第一秘書の上杉のうち、上杉が死亡して京子は重体で病院に運ばれてしまったのです。

原因は、羊羹に毒物・セトシンが混入されていた模様です。

 

被疑者は、この羊羹を送ったニシカワメッキの社長・西川五郎(おかやまはじめ)。仕事上、セトシンを扱う立場にあるうえに公共事業受注の陳情を断られたという経緯がありました。

動機としては十分だという判断での逮捕・起訴でした。

 

しかし、西川本人は犯行を否定しています。この、限りなく有罪に近い裁判を前任の弁護士事務所から引き継いだのが佐田敦弘(香川照之)をリーダーとする班目法律事務所の刑事専門ルームでした。

 

さっそく、所属する弁護士の深山大翔(松本 潤)と尾崎舞子(木村文乃)が西川の接見に向かいましたが、そこに佐田も同行しました。それだけ。力が入っているという事です。

 

毒物「セトシン」をめぐる攻防

事件を調べていく過程で、腑に落ちない点が表面化してきました。

 

まずは、西川が陳情を断られたのが1ヶ月半前。ニシカワメッキで、最後にセトシンを取り扱ったのは確かに社長の西川でしたが、その時期は2ヶ月前です。

これでは、陳情に行く前からセトシンを用意していた事になり、辻褄が合いません。

 

さらに班目所長に元科捜研に所属していて、現在は個人で鑑定をしている沢渡清志郎(白井 晃)を紹介されます。この沢渡に、あらためてセトシンの鑑定を依頼しました。

 

すると、この事件で使用されたセトシンとニシカワメッキのセトシンは別物である事が判明します。加えて、2年前に起きた別の事件で使われたモノである事も分かったのでした。

 

このセトシンを所有している会社は島根県にあり、社長の平塚(中村まこと)は藤堂の異母兄弟である事も分かりました。

このルートを使えば、藤堂はセトシンを入手可能だったのでした。

 

藤堂の動機、妻・京子の計算

以前、つきあいのあった『週間ダウン』の編集者から深山に電話が入りました。何でも、「秘書が藤堂のスキャンダルを他誌に売り込もうとしていたらしいんだけど、何か知らないか?」という内容でした。

 

班目法律事務所が犯人の弁護を担当しているというので、探りを入れてきたのでした。

この電話が気にかかり深山は藤堂の周辺を調べてみると、銀座のクラブのママ・ゆう実(緒方かな子)という愛人がいる事が分かりました。

そのスキャンダルを掴んだ第一秘書の上杉を、藤堂が消すために起こした事件だった事が見えてきたのです。

入院中の京子にその事を知らせると、呆然とした様子ながら「法廷で証人に立つ」事を了解したのでした。

 

実際の公判では、東京地方裁判所所長代行の川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)が裁きました。京子が証人に立った際には、検事がまごついている時に巧みな誘導で検察優位な方向に証言を導きました。

その誘導は評議員の審議の時間にも続けられて、京子の証言は「弁護人が愛人の存在をあらわにした為に動転して」のモノという事にすり替えられてしまいました。

これにより、判決は「無期懲役」となりました。担当した深山の敗訴です。

 

新証拠を持ち控訴審にのぞむ!

当初、深山らはセトシンが混入された羊羹は犯行寸前にすり替えられたと考えていました。しかし、上杉は死亡したにもかかわらず京子は重体だったとはいえ一命を取りとめていた事に不審が残りました。

 

ランダムに羊羹を選ばせたのが、藤堂の策略(栗を前面にして金子後援会長に選ばせた=難を逃れた)と思い込んだのが間違いだったと深山は気づいたのです。

 

では、どうやって無傷だった者・死亡・重体と被害に違いが出たのでしょうか?

それは、羊羹ではなく食べる時に使った爪楊枝にセトシンを仕込んでおいたからでした。

 

致死量のセトシン付きの爪楊枝を上杉、偽装のために重体で済む量のセトシンの付いた爪楊枝を京子が使ったのでした。

 

前日にゆう実に、同じ羊羹を買いに行かせたのも藤堂が取った陽動作戦のひとつだったのです。

浮気を知りつつ、さらに危険に身をさらした京子は「落選したら“ただの人の妻”になってしまう」と漏らしました。

ここでも権力に取り憑かれた人間の業が、如実に表れているのでした。

この爪楊枝の現物を新証拠として提出した被告側は、二審では逆転勝訴の無罪でした。

 

 

第8話の感想

 

最後にサプライズ脚本はあるのか?

今話はトリックとしては使い古された手法でしたが、そこに京子夫人の感情を絡ませたのは“さすが”というところですね。

 

羊羹を食べなかった事から、第二秘書の氷室(篠井英介)が、疑わしくも見えたのですがただの「見た目」の成した技だったようです。この辺、篠井さんは脇役冥利に尽きるのではんあいでしょうか。

 

そしてSEASONⅡの最終話としては、大方の予想では深山父の冤罪についてが明らかになると思われていました。

 

その話しは第2話で早々と描かれてしまったので

「次こそ、最終話は舞子の弟と裁判官を辞めたイキサツで決まり!」

とも思っていましたが、それも第6話で…。

 

そうなると、最終話は「いよいよ司法と対決!」と予告では煽っているものの、単なる事務総長(榎木孝明)・川上コンビら司法当局との闘いだけに留まるとは思えません。「まだナニかがある!」と今から楽しみです。

 

『99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ』8話ツイートまとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です