木村拓哉主演ドラマ『BG 身辺警護人』1話の感想とツイートまとめ

 

木村拓哉さん主演の「BG 身辺警護人」の1話が2018年1月18日(木)に放送されました。

木曜日の夜21時というゴールデンタイムにキムタク主演のボディガードのドラマ、そして江口洋輔、上川隆也。

斎藤工など豪華キャストが共演ということで、放送前から期待大の大注目ドラマです。

 

このドラマは、身辺警護人という武器を持たない民間のボディガードたちが、奮闘する姿を描くということですが、武器を持たずに依頼者をどう守るのでしょうか?また、彼らをどんな事件が待ち受けているのでしょうか?

この記事では、「BG〜身辺警護人」のあらすじ(ネタバレ)と感想をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

「BG~身辺警護人」1話のあらすじ(ネタバレ)

2012年 出国するスポーツ選手に見送りのファンが大勢駆けつける空港。

サッカー日本代表選手の河野純也(満島真之助さん)だ。

そばにはキリッとしたボディガード(木村拓哉さん)の姿が。

身を挺して依頼人のサッカー選手を守る姿に自信が満ち溢れている。

有能なボディガードという印象。

 

場面は変わって2018年・・・ヘルメットをかぶり、工事現場の誘導員として働く人物がいる。

マスクとヘルメットをして顔は見えないが6年前のボディガードと同一人物のよう。

同僚にこの仕事をして6年だと話している。

そこへやってきた黒い車。

誘導員が工事中で、通行禁止を伝えるが、眼光鋭い男(江口洋介さん)がウィンドウから顔を出し、通行を求める。

後ろの窓から顔を出したサングラスの女(石田ゆりこさん)からも頼まれ、通してしまう。

その後を追いかけてきた数人の男たちは、カメラを持った記者たち。

逃がしてしまったと悔しがる。車の2人は一体誰なのか?

 

6年前のボディガードがなぜこんな姿に?

謎が深まるこの男は、日の出警備保障 交通誘導警備課 島崎章(木村拓哉さん)。

 

次の日、日の出警備保障株式会社で社長の今関(永島敏幸さん)に呼ばれる島崎。

通行禁止帯に車を入れたことを叱られているのかと思ったらその件ではなく、今度この会社に身辺警護課を発足させることになったという話だった。

 

日本ではボディガードといえば、スターや金持ちのためというイメージが強いが、最近は誰でも犯罪に巻き込まれる危険性がある。

依頼人は民間人だ。

安全はお金がないと買えないという人も増えてきた。

民間警護は経験が大事だ。君が入ってくれれば心強い、という社長。

 

それに対して、ボディガードの世界は失敗をおかしたものは戻れないと言う島崎。

6年前に何か事件があったらしく、それを社長も知っているようですね。

 

島崎は、社長に身辺警護課に新人として着任を命じられる。

このままで終わっていいのか?見事にカムバックしてほしい、君にはそれができる、という社長に、目を伏せて暗い表情の島崎。

各部署から人材が集まり、身辺警護課の警護人となるための訓練が始まる。

 

身辺警護課のメンバーは5人。

島崎と身辺警護課課長の村田(上川隆也)、菅沼(菜々緒)、高梨(斎藤工)、池口(間宮翔太郎)だった。

 

「BG~身辺警護人」1話の感想

番組タイトルが出る前にここまで、展開してやっと1話のストーリーに入ります。

展開が早いですね〜。

 

1話は、厚生労働大臣 立原愛子(石田ゆり子)に元ファン代表より脅迫状が届いたという事件でした。警視庁警護課SPが大臣のボディガードを務めることに。

日の出警備保障身辺警護課のBGたちは誰を守るのか?

と思ったら、依頼人は立原厚生大臣も参加する隅田川マラソンの主催者大久保会長(伊武雅刀)という人物。

 

  • BG 身辺警護人たちは武器を持たずに依頼者をどう守るのか?
  • そして立原厚生大臣を脅迫する犯人は誰なのか?
  • 犯人から立原を守ることはできるのか?

 

というのが1話のあらすじでした。

 

木村拓哉さんはボディガードという今までにない役柄上、どんな演技をするのか興味深々でしたが、検事役とそう変わらないような印象でした。

どんな役柄でも、笑顔と話し方は、変わらない、という感じです。

今回立ち回りなどのアクションがありますので、どのように演じられるのか期待ですね。

そして、毎回の決めセリフ?のような言葉がありそうで期待しますね。

 

さて、島崎には中学生の息子がいました。

再婚した母親に気を使って家に帰らないということは、シングルファーザーですね。

多感な年頃の息子にうまく関われない父親という印象です。

 

今回の立原厚生大臣の脅迫事件は、立原の「失業者は自己責任」という失言から起こったと言われていて、そのことを立原にインタビューをする記者犬飼(勝地涼)の目がギラリと光っています。

何度も出てくるこの男、何か怪しいですね。

 

依頼人に打ち合わせに行った島崎と高梨。

厚生大臣が襲われ巻き添いを食いたくないのでしっかり守ってほしいという依頼人の大久保会長に、会場に行かなければ巻き添いを食うことはない、という島崎。

隅田川マラソンは社員たちにとって心の支え 会場行かないという選択肢はない、という大久保会長に心が動き、わかりました。

全力でお守りします! と答える島崎。

 

??もしかして、これが決めセリフでしょうか〜!! なんとなくそんな気がしますね。

全力でお守りします!!

 

高梨は島崎が気にいらない印象。

あなたは、ボディガードに向いてないという。

臆病さを正当化している。勝手に怖がっててください。

僕は絶対やられません、と自信たっぷり。

 

それに対して負けずに、君こそ向いてないんじゃない?恐怖心があるから危険を回避しようと対策を練る。

強くない人と組むのは怖い、という島崎。

 

早くも気が合わないチーム?でどうなるのかと心配していたら、高梨は身辺警護課をやめてしまった、と数日後に課長から聞く。

BGは、君がやってほしいと言われる島崎。

 

もう一人、島崎と考えが違う人物、警視庁の警護部 SP 落合(江口洋輔さん)。

当日の警護プランを見せに来た島崎に「あなた方は、武器を持たず丸腰だという自覚はありますか?民間警護はただの町の用心棒です」という落合。その言葉に何も言い返せない島崎。

島崎は、一人スタジアムに向かい、観覧席での当日の動きを予想しながら位置を確認する。

依頼人の言葉を思い出しながら。

 

立原厚生大臣は、記者の犬飼と電話中。

鉛筆を削りながら話を聞く犬飼に「脅迫状はいたずらよ。慢心は人間の最大の敵なんてくだらないわよね〜」と言う。

その言葉に目を光らせる犬飼。

やはり、この人物かなり怪しいです!!

そして、この親しげな会話は何を意味するのか、気になりますね。

 

スポンサーリンク

 

隅田川マラソン当日

 

スタジアムの観覧席で会長を警護しているのは島崎たち。

私は死にたくないんだ。

絶対守れよという大久保会長に、私たちが絶対に守ります、という島崎!!

 

会長に挨拶に来る立原厚生大臣は、島崎を見て、「あら?こんな警備もされるのね?』と言う。

そして、大臣を警護するSPの一人が村田課長を見て、「むらさん?久しぶりだね」と言う。

村田課長、昔はSPだったようですね。それに、島崎と厚生大臣も顔見知りのようですね。

 

高梨から電話で「立原愛子は嘘つきだ 慢心は人間の最大の敵だと証明してやる」という書き込みがあったと知らされる。

立原大臣のスピーチのあと、マラソンがスタート。

上から見ている記者たちの中に犬飼がいた。

 

突然、スタジアムの観覧席で爆発したような煙。驚く観客たちに「爆弾じゃないのか、危ないぞ」と叫ぶ犬飼。

逃げる観客でスタジアムは突然パニック。

爆発前に立原はスマホを見て表情が変わっていた。

 

会長の警護を他のBGにたくし、スタジアム内を見回る島崎は、立原厚生大臣に会う。

 

何かご存知なんじゃないですか?もしかして脅迫状は嘘なんですか?と言う島崎。

そこにあらわれる犬飼記者。

メールを送って立原を呼び出したのは犬飼だった。

SPたちがあらわれて犬飼に武器を向ける。

犬飼は立原大臣にナイフを向けて羽交締めに。

 

脅迫状はこの人の自作自演。

慢心は、人間の最大の敵、というのは、大臣就任時に僕が贈った言葉です。

なんでそんなことをしたのか、脅迫に負けない立原愛子を演じたかったからだ。

大臣にしたのは僕なんだ 僕のおかげなんだ 一言くらい感謝の言葉があってもいいだろう、という犬飼。

 

その言葉に島崎は、よぽど好きなんだね。

裏切られたと思うのは信じてたからでしょう。

信じなければ裏切られなくて済むもんね なんか悲しいよね、と。

背後からとびかかり、犬飼を捕まえる島崎。

 

でっち上げも甚だしいジャーナリスト それこそ慢心だわ、つぶやく立原愛子。

 

スポンサーリンク

 

民間が身辺警護するのは反対です。

ここであった厚生大臣のことは他言しないようにと、島崎に言うSP落合。

 

用心棒の言葉の意味ご存知ですか?

敵から身を守るために用心する棒切れを用心棒

 

あなた方が武器を出さなかったら。あいつは刃物を出さなかった

丸腰だから人を守れることもあるんじゃないですか?と島崎。

いいですね。民間は好き勝手が言えてと苦笑いする落合。

 

 

日の出警備保障社長と依頼人大久保会長が会話している。

大久保会長は、初めて大会のスポンサーになった時の気持ちを思い出した 一生懸命やってるあんた達を見て…何かあったらまた頼むよ、と。

カップラーメンの箱を差し入れる。

 

書き込み教えてくれて助かったと電話で、高梨に伝える島崎。

やめたのはあんたと組みたくなかったから 嘘つきのあんたと、と言いながら、サッカー選手のボディガードをする6年前の島崎の姿がある映像を見ている高梨….

 

何だか意味深な発言で、この2人の関係も過去に何かありそうですね〜。

今後の展開が気になります。高梨はこのままBGに戻らないのでしょうか?

 

そして、息子にメールする島崎。

ラーメン持って帰るよと、父親。今ピザ食ったと息子。

工事現場で同僚とカップラーメンをすする島崎…で1話は終了でした。

 

民間のボディガードである身辺警護人BGが誕生するまでの流れは展開が早いな〜と思ったのですが、その後起こった事件は、結局厚生大臣を就任時から応援してきたファンが厚生大臣を脅迫したという内容なんですが、SPと身辺警護人、身辺警護人メンバー内で考え方の違いから対立があり、何を伝えたいのか、わからなくなってきました。

依頼人を全力で守るという言葉や要所要所に心のこもったセリフも言いながら、なぜか伝わってこない??なぜなんでしょう。

ストーリーがあちこち飛んでいるせいか登場人物の過去が謎なせいなのか。

 

でも!これからの展開に期待したいと思います!

 

2018年冬ドラマ『BG〜身辺警護人」1話ツイートまとめ

 

ネットの評価はなかなか上々のようですね。木村拓哉さんの演技はやっぱり木村拓哉さんらしさが出ていて安定感があって、好印象ということでしょうか。若い頃とは違う印象でしたが、笑顔と話し方は変わらないし、ダサいところも魅力のウチ、ダサさも愛しくなるというファンの方の気持ち!わかりますね。

 


なるほどです!!ホントにそうですね。過去があるからキャラやストーリーに深みが出ているんですね。

 


島崎章語録ができそうですね…..言葉が深い!!

 

こちらは公式サイトさんのtweetです。放送前の映像は特別映像だったんですね。でも、それを見たからわかりやすかったです。

身辺警護人というものがどんなものかわかりました。なにしろ聞きなれない言葉ですから!!

 

ネットの反応はかなりよいことがわかりました。

みなさん、細部までいろいろ気付かれて、すごいです。

早々とドラマを楽しまれていますね。私も次回は、楽しみながら見たくなりました。

第2回がどんな内容なのか、楽しみです!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「BG〜身辺警護人」第1話のあらすじ(ネタバレあり)と感想をご紹介しました。

 

1話を見終わって、登場人物がみんな真面目で笑いがないところがちょっと見づらかったこかな、と思います。

登場人物はなぜかみんな険しい表情で過去に何か持っているようですね。

回を重ねて、その過去がいろいろとわかってきたら面白みも出てくるのかもしれないですが、1話から引き込まれるというストーリーではなかったですね。

豪華キャストの出演なのに、ちょっと残念な印象です。

ただ、毎回、ゲスト出演があり、1話完結のようで、次はどんなゲストが出るのかという楽しみはありますね。

でも、民間ボディガードと、SPの対立というテーマのドラマも今までになかった内容なので、新鮮です。

これからの展開を楽しみに待ちましょう!!

 

と、いうことで、「BG〜身辺警護人」の第2話も楽しみですね!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です