木村拓哉主演ドラマ『BG 身辺警護人』2話のネタバレ感想とツイートまとめ

 

武器を持たない民間のボディガード身辺警護人BG

1話では、その発足の経緯と、女性厚生大臣の脅迫事件をめぐる事件でBGたちが大活躍しましたね。

有能なボディガードであった過去を隠したまま、新人BGとして身辺警護人BGに就任した島崎章(木村拓哉)

さて、2話では、どんな活躍を見せてくれたのでしよう。

スポンサーリンク

『BG 身辺警護人』2話のあらすじ(ネタバレ)と感想

ここからは、「BG〜身辺警護人」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想をご紹介します。

狙われた裁判官夫婦、依頼人の依頼に誠実な島崎のハートが熱い!

次の身辺警護の依頼は、人権派で知られた裁判官・行永辰夫(田中哲司)からだった。

行永は、一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を間近に控えていたが、

自宅の自転車に放火されるという事件が起こり、警察が裁判への強迫行動ではないかと操作を始めた。

行永は警察のSPが警護をすることになったが、家族まで警護できないので、妻の亜佐美の身辺警護を依頼したいとのことだった。

 

女性BGの菅沼(菜々緒)と島崎が担当することになり、依頼人の行永の家に向かった。

行永の自宅には、行永を警護するSPの落合も来ていた。

行永に妻である亜佐美(大塚寧々)を紹介されるが、亜佐美は真面目な行永とは違い、島崎たちをあざ笑うように、自分に警護は必要がない、狙われているのは夫だ、と。

そして、SPの落合が、武器を持たずにまともな警護ができるのか、と厳しく言い放つと、それを見ていた亜佐美は、武器を持たずにどうやって守るのか、と島崎たちを罵倒する。

島崎は冷静に拳銃が人を守るわけではない、と言い返し、依頼人、行永の妻を片時も離れずどこへでも付き添ってほしい、という言葉に、片時も離れず、どこへでもお供します、と伝える。

 

行永が出かけた後、島崎たちは、自宅にいる亜佐美の警護をはじめるが、亜佐美は、島崎たちに食器洗いや玄関掃除をさせ、こき使う。

菅沼は亜佐美の態度に呆れるが、島崎は、玄関掃除をしながら靴箱の靴を見て何かを感じた様子。

それから、ゴミ捨て場に新聞やチラシの束を捨てに行って新築マンションのチラシを見て何か感づいた様子である。

 

このドラマって推理ドラマみたいですね! 経験豊富で有能なボディガードの直感みたいなものなんでしょうか。

一緒に推理したいところですが、この時点では何もわかりませんね。

 

亜佐美は、2人に他の家事を依頼し、自分は買い物に行くと言いだす。島崎は依頼人は旦那様で、奥様から片時も離れず警護するようにと言われている、と伝え買い物に同行する。

靴やで赤い靴を買う亜佐美。こんなことまでする必要があるのかと、怪訝な態度をとる

菅沼だが、島崎は靴やでの亜佐美の明るい表情や店員との慣れたやり取りを見て、何かを感づいていた。

 

靴やから出て、駐車場で車を出そうとしていた時、誰かの気配を感じた島崎。

ボディガードごっこをしているみたい、と亜佐美に言われ、勘違いであったと車を出すが、その時一台の車の中に不審な人物がいたのだった。

 

次は美容院へ向かう亜佐美。BGを馬鹿にしているかのような亜佐美の行動にイライラする菅沼だが、島崎は何か他に目的があるのでは、と思い出す。

案の定、島崎たちが目を離したすきに店内の亜佐美の姿が見えなくなった。

慌てて入り口に向かうと、亜佐美はどこかに行こうとしていた。

勝手な行動は困る、と伝えると人に会う約束があるので、しばらく1人にしてほしい、と言う。

スポンサーリンク

亜佐美が会う約束をしていたのは不動産の営業マン三上(石黒英雄)という若い男だった。

菅沼は楽しそうな亜佐美を見て不倫だ、と呆れた様子。

しかし、突然三上が亜佐美のもとから立ち去ってしまう。

それを見た島崎が、今の人と何かトラブルがあったのかと聞くと、答える必要はない、と怒り出し、島崎にクビだと言い渡す。

 

現実的で亜佐美の行動にあきれている菅沼に対して、島崎は、そんな行動にも何か理由がある、と感じ、依頼人の言葉の通りに任務を遂行しているのですが、なぜか理解されないのですね。

亜佐美に危険が迫っているかもしれないのに今離れてしまってどうなるのでしょう。

今回はハラハラする展開ですね。

 

亜佐美には変わりのBGが警護にあたり、島崎は依頼人の行永に報告に向かう。

亜佐美の気分を害させてしまい、クビと言われてしまったので、他のBGが警護にあたることになったと伝えると、行永はなぜそうなったのか依頼人に報告する義務がある、と。

行永に報告し、一連の出来事から考えて狙われているのは、奥様ではないか、と伝えるが行永は否定する。

でも、妻に会っていたのはどんな年齢の男だったか、と聞かれ島崎は

この依頼は奥様の遡行調査であったのではないか、と気づく。

 

それでは、奥様を騙すことになる、と島崎。

裁判官だから正しくなくてはいけない。家族にも問題があってはいけない、という行永に悲しいですね。嫉妬からではなく、仕事からなんて…と言う。

 

あれだけ、島崎をバカにした亜佐美にも、騙すような行動はできないという島崎。本当に誰にでも誠実な人なんですね。

スポンサーリンク

さて、やはり狙われているのは、妻の亜佐美のようですね。

犯人は亜佐美が会っていた不動産の営業マン三上が怪しいですが、なぜ亜佐美を狙うのか、わかりません。

行永が判決を控えている老人ホーム殺人事件の関係者なのか?

だとしたら、次はどんな行動に出てくるのか?島崎たちBGは守りきれるのか?というところが今回のあらすじと見どころですね。

 

高梨(斎藤工)は今回も、何かヒントを出してくるのか、またBGに戻る気はあるのか、課長村田(上川隆也)の行動も毎回気になりますね。

ドキドキハラハラな展開だったBG〜身辺警護人第2話!!

では、SNS での評価や反響はどうだったのか、見てみましょう。

 

『BG 身辺警護人』2話のツイートまとめ

 

 

今回依頼人の妻亜佐美の役をした大塚寧々さん、そうですね。Heroにも出演してましたね。

 

お姫さま抱っこをして走る場面ありましたね。あれは木村拓哉さんの提案だったんですね。

 

視聴率が22.9%!! すごいですね〜。

 


またまた、出ました決めセリフ!!島崎語録ができそうですね!

 

そうですね。私もそう思います!! 第2回も面白かったです!!

 

今回も最初と最後に息子と場面ありました。木村さんの優しい表情がいいですね。まだまだ関係は、ぎこちないけど、息子はちゃんと理解してくれている感じがします。それにしてもそうですか、共演していた子役さんだったとは。

 

公式さんのSNSです。第3回は、地上50mの橋上でのアクションですか!!

来週もまた楽しみです。それにしてもフォロワーの数すごいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

新人BGとして任務を遂行する中で、ただならぬ推理力と観察力を持ち依頼人からの依頼を守り、事件を解決していく島崎。

その能力にまだ気付いていない他のBGたち。

そして、高梨やSPの落合との関係もこれからの展開も気になりますね。

第3回は、橋の上からのアクションが披露されるようで、またまたドキドキハラハラな展開になりそうです。

3話も楽しみですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です