木村拓哉主演ドラマ『BG 身辺警護人』8話のネタバレ感想とツイートまとめ

 

クライマックスに向かって、こんな風に話が展開するとは、まったく想像できませんでした。

7話では、島崎(木村拓哉)の元妻の警護が無事に終わったところに、民事党の幹事長を狙った事件が重なり、村田課長(上川達也)が、島崎(木村拓哉)をかばって撃たれてしまいました。

 

発砲事件の犯人は捕まったけれど、救急車の中で容態が急変した村田課長。必死で呼ぶ島崎。その後どうなったのか、7話後の予告ではわかりませんでしたが、やはり想像していた

通りの展開になりましたね。

 

島崎たち、残された日の出保障警護課のBGたちは、事実を隠す人間たちの心を動かすことができるのか?大切なものを守る為に戦う島崎たち、8話ではどのように話が展開していくのでしょう。

 

この記事では、BG〜身辺警護人第8話のあらすじ(ネタバレ)と感想をご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

『BG 身辺警護人』第8話のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

発砲された銃弾に撃たれ救急車で運ばれる村田課長(上川達也)は、付き添っていた島崎(木村拓哉)と、何気ない会話をして「誤差なし」と時計を合わせ、その後容態が急変して命を落としてしまう。

 

やはり、このようになってしまったのですね。悲しすぎます。

 

警察が発砲事件の経緯を発表するが、五十嵐幹事長(堀内正美)の私設秘書が自殺目的のために準備した拳銃を発砲した、とされSPの氷川(宇梶剛士)は、村田課長が逆上した被疑者に接触して挑発したと、嘘をつき、立原愛子(石田ゆり子)も発砲の瞬間を見ていないと言う。その様子を見ながら何も語らない落合。真実は公表されないままだった。

 

想像はしていたけれど、こんな展開ですか。氷川という人物、何かありそうです。落合は、そこまで悪人でないですよね?

村田課長の葬儀に参列するBGたち。そこにもマスコミがあらわれ騒然とする。

息子の陽一は、「親父がばかだったんだ」、とつぶやく。島崎は、村田さんは最後まで民間ボディガードとしての自分たちを守ってくれた、と伝えるが報道での心無い言葉に傷つく陽一は、無理なことだと言う。

 

落合(江口洋介)は葬儀に現れず、車の中から見送る姿が。そして、物陰に潜む2人の男。

 

出棺の時、村田の時計を棺の上に置き、ご苦労様でしたという妻。時計を合わせて「誤差なし」というBGたち。村田の声と姿を胸に刻みながら。

 

村田の代わりに日の出警備保障警護課の仕事を受け継ぐ島崎。仕事の依頼を受けてメンバーに伝える島崎だったが、こんな状態で仕事ができないと言う沢口や、課長の汚名返上が先だと、言う高梨。島崎は、完璧な準備をしてからでないと行動できない、今は身辺警護課の仕事を存続させようと伝えるが、同意は得られなかった。

 

メンバーの気持ちがバラバラになってしまっていますね。どうなるのでしょう?

 

そこへ現れたのは、サスケフーズの会長(伊武雅刀)。警護の依頼をしてきたのだった。新商品発表会の警護をお願いしたい、と言う。

 

サスケフーズといえば、1話に登場した食品会社の社長さんですね。新商品エッグちゃんラーメン!! 緊迫した雰囲気が和みました。

 

高梨は呆れた表情で場を去る。追いかけるまゆ(菜々緒)。物陰に潜む人相の悪い男2人。

 

BGたちを見張る男2人は、報道陣ではなさそうだし、一体誰の命令で動いているんでしょう?

 

SPたちを集めて、間違ったことをしていないと堂々と嘘を肯定する氷川。落合は村田さんに汚名がかかる、このまま押し通すつもりなのか、と氷川に聞く。覚悟の決めどきだ、と全く考えを変えない氷川に何か考える表情の落合。

 

この人はかなりの悪人のようですね。救いようがありません。

 

サスケフーズの会長の依頼を受けることになった島崎は、沢口をBGに頼むが、沢口はBGをやめたいという。この事件で母が危険な仕事を辞めてほしい、と言うからとのこと。

みんなが辞めてしまうかもしれない、という沢口に、僕は一人でもやるよ、これしかできないから、と島崎。

 

高梨が落合の元へ行き、なぜ真実を話してくれないのか、村田課長を救ってください、と

頼む。落合は取り合わず、去ってしまう。無茶以外に何ができるんだ、という気持ちの高梨。

 

そして、立原愛子に手段を選ばない人間がいる、それが君のいる世界だという幹事長。

 

島崎の元へ落合と立原愛子がやってくる。警察以外であの事件の一部始終を見ていたのは、

島崎と村田課長しかいない、村田課長が亡くなった今、残るのはあなた一人です、身辺に気をつけてください。自分からの警告だという愛子。

 

島崎を監視する2人の男の影が。2人の狙いは島崎?黒幕は誰なのか?もしかして手段を選ばない人物でしょうか?

 

家に帰って瞬(田中泰生)に変わったことがなかったか、と聞く島崎。サスケフーズの新商品のカップラーメンをすする2人。仕事はやってるのか、と聞く瞬。何気ない会話に涙する父親の島崎。

 

サスケフーズの身辺警護の当日、島崎は、事務所に残る高梨にこの仕事が終わったらそっちを手伝うと言う。時間は無限じゃない。待っていてばかりいてもダメだから、と。「お願いします」と高梨。

 

新作発表会の会場で島崎はあやしい男2人を見つける。その2人は、以前に見たことがある。

 

事務所に残っていた高梨は、村田のパソコンの履歴から、警護依頼にはICレコーダーで録音しいたことに気づく。それを真実を明かす証拠にできるかもしれない。

 

村田の息子は、村田が亡くなってから心が荒んだまま、過ごしていた。そこへ高梨から電話が入り、所持品の中に携帯電話やICレコーダーがなかったと言う。課長の名誉を回復できるかもしれない、と高梨。

 

 

会場内であやしい人物たちはその後姿を現さず、サスケフーズの警護依頼が無事に終わり、「報道は信じていない、村田さんを信じてる」というサスケ社長。

サスケ会長の言葉に緊迫した雰囲気が救われる場面でしたね。

 

高梨からの連絡を受けた島崎たち。所持品の中に携帯とICレコーダーがないことに気づく。

ご家族なら変換請求ができるということを聞いて、陽一は自分がやると決意する。その陽一を警護して警察へ行くことを決めた島崎と高梨。自分の過去を話し、課長のことをうやむやにしたくないという高梨に気持ちが通じあった2人。

 

そこへ、まゆと沢口も戻ってきて、沢口はBGをやめないと言う。課長と5人で撮った写真を見て、これから戦いに挑むことを心に決める4人。

 

帰り道、身辺に危険を感じた島崎は、息子の寝顔を見ながらある決意をする。

次の日、息子を母親の元に返す島崎。

 

そして、村田課長の息子陽一を守ってBGたちが行動を始める。村田課長の名誉を守るために。

 

警察で変換してもらったICレコーダーですが、事件当日のデーターが消されていたんです。

捜査をしたのは氷川ですよね。きっと。そして、島崎は、立原愛子に、僕は諦めない、真実を話してください、と頼む島崎に、立原愛子の心がついに動きましたね。そして、落合の心も。

氷川の元へ向かった落合は、覚悟を決めたと伝えていましたね。何か考えていそうな落合。

事件の真実を公表するという立原愛子。さて、来週はいよいよ最終回、どんな展開になるのでしょうか?

 

島崎と瞬の悲しい別れ。ぶっきらぼうな会話の中にもお互いを思いあう心が伝わってきますね。もう一度笑顔で笑えない冗談を言い合える幸せな時間を取り戻してほしいですね。

 

スポンサーリンク

『BG身辺警護人』第8話のツイッターまとめ!反響、評価は?

 

公式さんらしいTweetです。注目の第8話!! 視聴率もやはり高かったのですね。

 

 

やはり、そうなりましたか。脚本だから仕方がないけれど、ww

 


いろいろな意味で重くて苦しくてつらい8話でしたね。

 

 

本当に良いシーンでしたね〜ww 思いがあふれて居ました。

 

 

再度登場のこの方の言葉にも救われましたね。

 

落合さんは、何を考えているのでしょう?そうです。落合さんにとっても大切な人だったんですよね?信じて見届けたいですね〜。

 

注目の第8話は、涙なしでは見れませんでしたね。SNSの反響と評価も良かったようです。

さて、来週はいよいよ最終回ですね。8話のエンディングで、真実を話すことを決意した

立原愛子を警護して、大切なものを守ろうとするBGたちの活躍に期待です。落合や他のSPたちの行動も気になりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

やはり、話が急展開してクライマックスに向かっていますね。予告映像からは、どう結末を迎えるか予測できませんが、島崎たちBGの戦い、最後まで見届けたいですね。

瞬くんと別れなければならなかった島崎が悲しいです。予告に出ていた「さらば、ボディガード」という言葉の意味もかなり気になります。SPの落合が銃を向ける相手は誰なのでしょうか。

最終回がとても気になりますね。

 

以上、BG〜身辺警護人第8話のあらすじと感想のまとめをお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です