亀梨和也主演ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第1話「#1」あらすじ感想

 

2018年1月9日火曜21時より

亀梨和也主演ドラマ『FINAL CUT』がスタートしました。

初回の1話は15分拡大、カンテレ・フジテレビ放送です。

火曜21時のカンテレドラマは、最近では「嘘の戦争」「CRISIS クライシス」が好調で、とても面白いドラマが多いので、この時間枠のドラマを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

今クールは、フジ系列での連続ドラマ主演は約11年半ぶりとなる亀梨和也が、どのように魅せてくれるのかが見どころのひとつでもあります。

また、今年1月1日のジャニーズカウントダウンライブで再始動を発表したKAT-TUNの主題歌「Ask Yourself」も話題です。

こちらの記事に「Ask Yourself」の動画があります。

 

母を自殺に追いやった番組関係者に、亀梨和也演じる中村慶介が、ドラマタイトルでもある「ファイナルカット」を復讐相手に突き付け、復讐を成し遂げていく様は迫力満点ですね。

 

『FINAL CUT』 第1話のあらすじは・・・

 

中村慶介(亀梨和也)の母が経営する保育園で、園児が殺されてしまいます。

慶介の母が犯人であるような報道を、百瀬塁(藤木直人)が司会を務めるワイドショーが行い、慶介の母を自殺へと追い詰めてしまいます。

その12年後、慶介は番組関係者に復讐を開始していくわけです。

本日の復讐ターゲットは、番組プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)でした。

 

そういえば、藤木直人さんは、この枠で放送されていた「嘘の戦争」でも、復讐をされ追い詰められていく役柄でした。

今回の「FINAL CUT」では、スリムになったと感じられた藤木さんですが、カンテレとはとても縁がありますね。

 

スポンサーリンク

 

『FINAL CUT』第1話目 感想①・・・やはり初回か

 

1話は登場人物が多すぎて通常は面白くない、2話からが本番と言われる連ドラですが、果たして「FINAL CUT」はどうでしょうか?

個人的意見としては、まず、栗山さんと橋本さんの姉妹の場面は全く必要ないですね。

こういう無駄な場面があると、特に復讐もののドラマは途端に面白くなくなります。

ちなみに、番組で出てきた“印象操作”というものですが、意味は、マスメディアが都合のいい部分だけ切り取って報道し、世論を誘導する事だそうです。結構、日常的に行われているような気がします。視聴者が賢くなる必要がありますね。

「FINAL CUT」1話は、全体的に「う・・・・ん」といった感じでしょうか。

まだまだ1話なので・・・と思いたいところです。

杉本哲太と矢田亜希子、藤木直人は良かったです。

最後の方の、藤木さんの長セリフは面白かったですね。

結局、真犯人は誰なのか気になるところです。2話からが本番、来週に注目したいと思います☆

 

スポンサーリンク

『FINAL CUT』第1話目感想②「裕木奈江」さん

 

少し驚いたのが、亀梨さん演じる慶介の母役が「裕木奈江」さんだったということです。

あの裕木奈江さんが、亀梨君の母役なんて・・・。

それもしっかり板についています。

往年の裕木奈江さんを知っているだけに、時代の流れを感じます。

裕木奈江さんと言えば、当時からとてもきれいな女優さんで、本当に男受けをするタイプの女優さんでした。

男受けをするということは、女受けが悪いということですが、裕木奈江さんもご多分に漏れず、世の女性から嫌われまくり挙句の果てに大バッシングをされ、芸能界を干されたという話でした。

今考えると、裕木奈江さんに対する世の女性の、強烈な嫉妬だったのでは?と思います。

それぐらい、男性人気が半端なかった裕木奈江さんですが、LAを拠点に活躍する国際女優になっていらしたんですね。

 

スポンサーリンク

 

『FINAL CUT』第1話 ツイートまとめ

 

まとめ

以上、『FINAL CUT』第1話「#1」についての感想でした。

亀梨和也さんのドラマは、深田恭子さんと共演された「セカンドラブ」、日テレの「怪盗山猫」が個人的には良かったので、今クールの「FINAL CUT」は、亀梨さん初の復讐ものということで、とても楽しみにしていました。

亀梨和也さんが復讐もので魅せる新たな魅力を、最終話まで注目していきたいと思います。

 

皆様からのドラマの感想・コメントをお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です