亀梨和也主演ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第4話「#4」感想&ツイートまとめ

 

先週の「FINAL CUT」3話の平均視聴率は6.5%、2話と変わらずといったところです。

しかし、回を追うごとに面白くなっていますので、今後の展開が楽しみです。

3話の内容をざっとおさらいしてみたいと思います。

 

前回(3話)内容

中村慶介(亀梨和也)は、母(裕木奈江)が経営する保育園で園児が殺された事件で、無実の母を自殺に追いやった「ザ・プレミアムワイド」の番組スタッフに、「ファイナルカット」という方法で、次々と復讐を仕掛けていきます。

3話の復讐ターゲットは、12年前の番組AD(現番組ディレクター)の小池(林遣都)でした。

実は、小池は、慶介の母の葬儀にも足を運び手を合わせてくれた唯一の番組スタッフで、慶介は、小池のことは他のスタッフとは違うと感じていました。

そのため、個人情報を拡散し、経費でキャバクラ通いをする今の小池に失望し、「ファイナルカット」突き付けました。

以上が3話あらすじです。

スポンサーリンク

『FINAL CUT』4話感想

 

4話のターゲットは「皆川義和」(やついいちろう)

12年前に母親を執拗に追い回してカメラにおさめ、自殺に追いやった番組カメラマン、それが皆川です。

皆川はホント容赦ないです。別件で追いかけている子役までも執拗に追いまわし追いつめていきます。無実なのに疑いがあるというだけでです。

自分の母親だけではなく無実の子供まで追い詰める皆川を慶介が許すわけがありません。

復讐の「ファイナルカット」開始です。

皆川への「ファイナルカット」は、会議をすっぽかしギャンブルに興じる、無実の子どもを執拗に追いかける、そして子供を恫喝して強要し嘘のコメントをカメラにおさめるというものでした。

皆川は、慶介の母も今回の事件同様、無実の子供と同じように執拗に追いかけ、追い詰め、自殺に追いやったのです。

そして、皆川は、百瀬が「慶介の母が犯人だ」と断言したので慶介の母を犯人と決めつけたと話します。

そのため1話から4話の復讐ターゲットは百瀬の顔色を疑い、慶介の母を追い詰め自殺に追いやったのです。

今回、皆川義和を演じたのは、お笑い芸人のやついちろうさんです。

狙った獲物を執拗に追いかけ追い詰める嫌らしさ満載のカメラマンを見事に演じていました。今後の役者としての活動も楽しみです。

それにしても「百瀬会」、怖いですね~。実際にキャスターってあんなに力があるものなのでしょうか?

百瀬さん、切れまくっていますし…。

 

当時、事件を捜査していた「高田」(佐々木蔵之介)

慶介は、母親の自殺の事件には警察が関係しているのではないかと疑念を抱いていたので、上司の高田に疑惑をぶつけます。

高田が答えたのは「慶介の母親を重要参考にとどめ、犯人扱いはしていない」ということと「重要参考人死亡、事件は未解決、それがすべてだ!」という結果でした。

絶対に何か隠していますよね~

 

慶介が姉妹2人とブッキング?

 

慶介は、母親が経営する保育園の園児を殺した犯人は、保育園の2階にある弁護士事務所の息子ではないかと疑っていました。

そのため、犯人ではないかと疑っている男の姉雪子(栗山千明)妹若葉(橋本環奈)にそれぞれ近づき、兄についての情報を探っていきます。

そして、恋人をレストランに誘い出し、サプライズで合わせて紹介することを若葉が提案します。

レストランで慶介を待つ雪子と若葉、そこにサプライズを知らない慶介が向かいます。

しかし、慶介がレストランに入ろうとした瞬間に電話が鳴り、慶介はレストランには入らず、デートは「ブッチ」です。慶介は電話に救われました。まさに「九死に一生を得る」状況です。

しかし、姉雪子が慶介と一緒にいる所に偶然出くわし、2人の恋人が同じ人物であると分かってしまいます。絶体絶命です、慶介。

スポンサーリンク

『FINAL CUT』4話 ツイートまとめ

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いよいよ、来週の予告では、百瀬が復讐ターゲットのようです。

しかし、高田が幼児殺害の事件に何かしら関わっているのは間違いないですし、本丸の弁護士の父と息子(姉妹の兄弟)がいます。

残りの回数から考えると「ファイナルカット」の相手は他にもいることになりますが、一体黒幕は誰なのでしょうか?

「えっっ!という大ドンデン返し」があるのでしょうか?今後の展開を期待したいと思います☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です